どろあわわの素晴らしい効果成分を発見

人気の洗顔料「どろ豆乳石鹸どろあわわ」の全成分調査

どろあわわの全成分を調査して安心をお届け

 

人気の洗顔料「どろ豆乳石鹸どろあわわ」の全成分を徹底調査して、あなたに安心を届けます。

 

「どろ豆乳石鹸どろあわわ」はCMや雑誌など各メディアでもよく取り上げられる人気商品です。
公式ホームページでチェックしてみると、泥洗顔ランキングや各美容サイトでもランキング1位に輝いたことがあるんですね。

 

そんな人気商品のどろあわわだって、あなたが実際に使うとなればどんな成分を含んでいるのか気になりますよね。

 

  • 美肌に良いどんな効果があるの
  • 主力の効果満点の一押し成分が知りたい
  • 敏感肌なんだけど使用して安心かな

等々

 

どろあわわの全成分を徹底チェック

 

 

どろあわわ,成分,どろあわわの全成分

水、ベントナイト、グリセリン、ミリスチン酸、ステアリン酸、BG、酸化チタン、水酸化K、ラウリン酸、ステアリン酸PEG−150、黒砂糖エキス、ステアリン酸グリセリル(SE)、コカミドプロピルベタイン、サクシニルアテロコラーゲン、海シルト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ステアリン酸グリコール、エタノール、EDTA−2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

 

どろあわわ,成分,

  • 精製水です。

 

どろあわわ,成分,ベントナイト

  • モンモリロナイトを主成分とする粘土タイプの泥。陽イオン交換性があり汚れを吸着。

 

どろあわわ,成分,グリセリン

  • 毒性はほとんどなく安全性の高い保湿剤。

 

どろあわわ,成分,ミリスチン酸

  • ミリスチン酸は、動物性・植物性脂肪中に広く見られる飽和脂肪酸で、ヤシ油、パーム油に多く含まれます。

 

どろあわわ,成分,ステアリン酸

  • 植物の油脂に含まれる脂肪酸から作られた非イオン界面活性剤。色々な化粧品に使われており、天然の植物成分のため、イオンが無く、低刺激で安全性が高い。

 

どろあわわ,成分,BG

  • ブチレングリコールは乾燥肌対策の保湿剤として人気が高い成分。水分を吸収する働きや抗菌性を有しているので保存性を高める効果もあります。皮膚刺激性や毒性はほとんどなく安全性の高い成分。

 

どろあわわ,成分,酸化チタン

  • 肌を白くする効果があります。紫外線を遮断する作用があります。どろあわわの美白を担う成分の一つかもしれないですね。

 

どろあわわ,成分,水酸化K

  • 代表的なアルカリ剤のひとつで界面活性剤。スキンケア製品の中和剤、乳化剤、ゲル化剤として使われます。クリーム状の石鹸を作る際に水酸化カリウムを使用します。

 

どろあわわ,成分,ラウリン酸

  • ココナッツオイルにも含まれている脂肪酸の一種で、お肌や体内の免疫力を向上させる効果があります。また優れた抗炎症作用や抗菌作用もあり、肌に悪い影響を与えてしまう要素はありません。

 

どろあわわ,成分,ステアリン酸PEG−150

  • 洗顔石鹸だけでなく、化粧水や乳液にもよく使われる界面活性剤で“PEG”とも表記されます。乳化作用に優れ、皮膚細胞の毛細結婚の代謝率を上げるという効能が見られることから、肌のターンオーバーを助ける効果が期待できます。植物油脂と多価アルコールをエステル結合しており、安全性も高い天然界面活性剤として、多くの自然派せっけんにも使われています。

 

どろあわわ,成分,黒砂糖エキス

  • サトウキビを原料として抽出した黒砂糖の着色成分を、分離・濃縮して得られるエキス。保湿効果の高い成分です。

 

どろあわわ,成分,ステアリン酸グリセリル

  • 合成界面活性剤。グリセリンとステアリン酸から作られる成分で、乳化剤として古くから使われてきました。皮膚に柔軟性とうるおいを与える効果があります。

 

どろあわわ,成分,コカミドプロピルベタイン

  • 界面活性剤。ヤシ油から作られるやさしい成分で、ベビーシャンプーにも使われています。洗浄作用やコンディショニング作用があります。

 

どろあわわ,成分,サクシニルアテロコラーゲン

  • 水溶性コラーゲンで、保湿効果があります。アレルゲンとなる可能性のあるテロペプチドを取り除く、アテロ処理をしたコラーゲンをさらに加工して、側鎖アミノ基をサクシニル化してコラーゲン同士が固まりにくくしたものです。安全性も高くその効果も高いということでコラーゲンのなかでは最高級のコラーゲンとされます。

 

どろあわわ,成分,海(マリン)シルト

  • 沖縄の海底に数百万年にわたって堆積した泥で、ミネラルを豊富に含むほか、汚れを吸着する作用があります。

 

どろあわわ,成分,豆乳発酵液

  • 主成分は大豆に含まれるイソフラボンです。保湿効果に優れています。

 

どろあわわ,成分,ヒアルロン酸Na(ナトリウム)

  • 水溶性の天然ポリマーです。注目は1グラムにで6,000mlの水分を保持できる驚異の保水力。皮膚のハリを保つ成分です。

 

どろあわわ,成分,ココイルメチルタウリンNa

  • ヤシ油とタウリン誘導体で構成される界面活性剤。タウリンはアミノ酸に近い成分で低刺激で安全性が高く、さっぱりタイプで洗い上がりがふんわりしています。泡立ちを良くする作用があります。

 

どろあわわ,成分,ステアリン酸グリコール

  • 非イオン系の界面活性剤。ヤシ油・綿実油・大豆油から得られます。モノステアリン酸エステルから作られる成分で、乳化剤として使用されています。

 

どろあわわ,成分,エタノール

  • 一般に言うアルコール。肌の引き締め効果、や殺菌作用作用があります。問題のない微量が含まれています。アルコールに敏感なタイプの人は注意しましょう。

 

どろあわわ,成分,EDTA−2Na

  • エデト酸塩の一種で酸化変質防止のために配合されています。酸化防止・変色防止・腐敗防止・殺菌・ビタミンC安定化の効果があります。

 

どろあわわ,成分,メチルパラベン

  • パラベンの一種で防腐剤です。パラベンは嫌う人も多い成分ですが、どろあわわに配合されるパラベンは1%以下と本当に微量なので、お肌に影響を与えるとは考えられません。すぐに腐ってしまっては逆に困るので少し配合されていると思います。メチルパラベンはパラベン類の中でも、肌に与える刺激が特に少ない成分として多くの化粧品で配合されています。

 

どろあわわ,成分,プロピルパラベン

  • パラベンの一種で防腐剤です。安全性と菌作用が強く、非常に広範囲の微生物に対し有効な防腐成分です。

 

まとめ

 

どろあわわに配合されている全成分について調べてみましたが、特に問題になるような毒性が強い、副作用があるといった危険性の高い成分は配合していませんでした。

 

しいて気になる成分をあげるとすれば、「エタノール」・「界面活性剤」・「防腐剤」の3つ。
まあほとんどの化粧品に入っている必要成分ですけどね。

「エタノール」

 

エタノールは確かにアルコール過敏の方には影響が出る可能性があり得ますので、できれば無くした方がいいかも知れませんね。

 

「界面活性剤」

 

どろあわわに使われている界面活性剤は以下の6つ。

  • 水酸化K
  • ステアリン酸PEG-150
  • ステアリン酸グリセリル
  • コカミドプロピルベタイン
  • ココイルメチルタウリンNa
  • ステアリン酸グリコール

 

ほとんどが界面活性剤の中でも肌にやさしいものばかりですね。
やや1つだけ気になるのが少し刺激が強めのステアリン酸グリコール。
ただし、どろあわわの場合はしっかりとステアリン酸グリコールの量を微量に抑えているので、気にする必要はないでしょう。

 

豆知識として、化粧品の成分は、含有量が多いものから順番に表示されることを知っておくと便利ですよ。

 

「防腐剤」

 

防腐剤には、メチルパラベンとプロピルパラベンの2つが使われていました。

 

メチルパラベンは4種類あるパラベンの中でも特に刺激が少なく、1番肌に優しいパラベンです。
プロピルパラベンはやや刺激が強いパラベンですが、全体の1%にも満たない量に抑えられており必要はないでしょう。

 

メチルパラベンと合わせることでプロピルパラベンの含有量を抑える工夫がされていると思います。
入っている数が多いほど刺激も強くなる成分が多いのですが、パラベンは複数の種類を合わせることで1つのときよりも少ない量で防腐効果を高められる特性があります。
どろあわわではこのパラベンの特性を活用して、プロピルパラベンの含有量を抑えているのでしょうね。

 

どろあわわの全成分を徹底チェックして安心して使用いただけることが分かりました。

 


 

 

 

どろあわわ,成分,